映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」は動画視聴できない?無料見放題とネタバレ

こんにちは!管理人のゆい太んです☆Hey!ヽ(‘ー’#)/ Hello!☆

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」|無料動画

え~とでは、映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」がなかなか観れないときの攻略法について綴りますね。

感想については、このページの真ん中あたりで。

え、映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」は無料動画がない?

親しまれているYouTube

そこから映像配信サービスのU-NEXT…Hulu2週間の無料トライアルNetflix…などなど。

いくら調べまわっても、狙っているタイトルが見当たらないことってありますよね。

歯がゆくなりますo(´^`)o ウー

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」の配信権・ライセンスなどの問題が付きものなので、一括りにして全サービスで観られるってわけじゃありませんから…。

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」|無料

で、「だったら映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」を(なるべくタダで)観ることは不可能なの?」というと、とっておきの一手があります。

どうにも見つからない?なら最後にこちらを!

もし映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」をどんだけ探しても検索できなかったら、これから挙げるサービスがオススメですよ。

あの大手TSUTAYAのサービスなので…

  • 他社に真似できないダントツの作品タイトル数
  • もし映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」が無料動画になかったら、DVDを宅配レンタルすればOK!

って感じ。

特に2個目の宅配レンタルシステムは、ほかの映像配信サービスにはないポイントなんですv(*’-‘*)oォヶォヶ♪

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」|動画

それが他のサービスと変わることのないような値段で手に入る…さすがTSUTAYA….太っ腹ですw

もちろん「継続して課金するかどうか?」はあなたの自由です。

とりま、まだ試していないならこの機会にどうぞ。

無料期間のうちにゲットしたい作品を掘り起こしまくってくださいね。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

ちょい補足:ちなみに違法の動画サイトはNG!

さっき書いたときには挙げませんでしたが、映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」がpandradailymotionに転がってる可能性もあります。

でも、それ…

ぶっちゃけていうと違法ですヾ(–;)ぉぃぉぃ

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」|無料視聴

洒落にならないことになる可能性があるんで、とても人様に薦めるなんてできません…

もし違法アップロードサイトで無料動画を見かけても、クリックしないほうが安心ですよ。

わかりやすく言うと…

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」を、pandraで観たばっかりに、そのPCやスマホ・タブレットがウイルス感染したり、お国から罰則を受けることになったら凹むどころじゃないですよね…(><*)ノ~~~~~サヨナラ

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」の感想まとめ(まだ観ていないならご注意を!)

※サラッとネタバレしてることがあります!まだ観てない方は読まないでください~壁|д´)チラッ

芸術文化としてのファッションという掘り下げについては不足

今年も、つい先日にメット・ガラが開催された。ユニークなファッションでレッドカーペットに登場するセレブリティたちを見るのは毎年楽しい。オスカーでは保守的なドレスを選んでも、ここでは前衛的なファッションをして目立った者の勝ち。そしてこのドキュメンタリーは、そんな2015年のメットガラを開催するまでの挑戦とプロフェッショナルたちのプライドが描かれた映画作品だった。

ファッションが芸術や文化の価値観において見下げられていることに対抗するようにして絢爛かつアーティスティックなガラを開催するその様子は確かに見ごたえがあるような気もするが、全体の見え方としてはメイキング・ドキュメンタリー程度の内容しか捉えていないような気がしてしまい、キュレーターのアンドリュー・ボルトンや、VOGUE編集長アナ・ウィンター(さすがかっこいい!)の姿を通しても、「芸術としてのファッション」という概念の掘り下げには至らなかったような印象。それ以上に感じるのは、地位や名声を手に入れた者たちのエゴイズムだったり、人間の醜悪なまでのプライドだったり・・・。

2015年は中国文化と歴史をテーマにして開催したガラだったわけだけれども、「東洋の文化を西洋人が食い物にして利用しているのでは?」という批判が出たときのボルトンとウィンターの反応はまさしくそれで、中国系と思われる記者からのインタビューの後で――さすがにストレスもあったのだろうか――記者のことを口汚くこき下ろす様子を見たら、ちょっと気分も変わってしまった。仮に「日本文化がテーマ」と言われて、「サムライ」「ゲイシャ」「カミカゼ」ばっかりの「ヘンテコジャパン」でしかなかったりしたら、やっぱり私も同じように「食い物にされている」と感じないとも言い切れないと思う。ファッションが芸術・文化であることを魅せようとする一方で、他国の文化や歴史に対しての敬意を払う姿がこのドキュメンタリーからはなかなか見えないのはいかがなものかと。これでは、自分たちの力を誇示したい人たちに見えなくもない。映画の最後に出る文言が、「この年の寄付額がかつての記録を超えて最高額になった」って、この映画の趣旨ってそこだった?ってなるし、確かにメット・ガラは資金集めの行事であることに違いはないけれど、映画の最後の最後に伝えたいことが、寄付額が最高になったことだったのかと思うと、この映画を作った人の価値観が一体どこに向いているのかと不信に思う。映画を観ている間中ずっと、この映画の視点がファッションを本当に愛している人の視点ではないような気がしていたのを確信に変えて決定づけるような一文だった。

いや実際のところ、やはりガラに展示されたオートクチュールの美しさと技術力はやはり身を見張るものがあって、まさに圧巻。ファッション大好き人間の私には目の保養目の保養。なんなら90分間ずっと作品だけを見つめていたいと思ったけれど、それでは映画の趣旨が変わってしまいますね。
極めてどうでもいいことかもしれないが、やはり改めてドレスの着こなしを見ると、「女優」と「歌手」の歴然とした違いが表れる。「女優」たちのドレスの着こなしと、「歌手/アーティスト」たちのドレスの着こなしでは、絶対的な品格が違う。それは別に当人自体の品格や人間性云々とは多分まったく別次元の話で、つまりそういうことが「女優である」ということなんだろうなぁ、と思いながら、メットガラ当日のレッドカーペットの様子を見ながら考えていた。オスカー授賞式のレッドカーペットの光景と、グラミー賞のレッドカーペットの光景は、まったく別世界に見えるもの。

ファッションと美術の融合

ドキュメンタリー作品。リアルな舞台裏が見れました。
ファッションをアートに感じました。

ドキュメンタリーとしては凡だけど

ファッションも美術館も縁がない人間なので、こうガッツリ紹介されると興味深い。ある種のバックステージもので、様々な人と調整のため方々に飛ぶアンドリュー・ボルトンと、自らのビションを押し通すアナ・ウィンターの差が面白い。

ファッション・ドキュメント否セレブ・ドキュメント

ジョージ・クルーニーがアマル夫人を伴いカメラのシャッターを浴びている頃、ジャスティン・ビーバーが取り巻きを引き連れて館内を散歩している。正面玄関には当夜の主役であるリアーナが中国人デザイナー、グオ・ペイの黄色いロングガウンを引き摺って現れる。
メトロポリタン美術館が運営に必要不可欠な寄付金を募るために企画した”鏡の中の中国”展のオープニングナイト、メットガラは、こうして、呼びたい美術館サイドと、呼ばれたいセレブサイドの利害が合致し、寄付金の目標額を見事クリア。影の仕掛け人、アナ・ウィンターの目論見はまんまと成功する。
ガラ当日までの舞台裏に密着したドキュメントは、果たして服はアートか?という問題提起より、むしろ、メットガラという最高のステイタスを提示されると嫌と言えないセレブリティの性(さが)が、あからさまではないが画面の端々に感じ取れて興味深い。ファッション・ドキュメントと言うよりセレブ・ドキュメントと銘打つべき1作だ。

今すぐ展示を観に行きたくなるほどの美的興奮が詰まっている

メトロポリタン美術館(MET)では5月の第1月曜日に大規模なレセプションが開催され、世界的ブランドを身にまとったセレブ達がレッドカーペットに大集結。そこで得た収益が美術館の運営費にも充てられるのだという。この一大ファッション・イベントの仕掛け人となるのがVOGUE誌の編集長アナ・ウィンター。彼女とキュレーターやその他のスタッフが連携しながらレセプションの準備と、肝入り企画「鏡の中の中国」展の構想から入念なセッティングに向かうまでの日々を描く。
ファッションを芸術の枠組みの中で見せること。政治や文化に配慮もしつつ交渉を重ねる努力と苦悩。それらを全てクリアしながら進む責任者の人柄、彼らが日頃身につける服装などにも魅了されてやまない。また展示に協力するウォン・カーウァイやバズ・ラーマンなどの映画人や有名ファッション界の巨人らの発言も非常に興味深い。日頃ファッションに関心のない人でも知的、美的好奇心を十分満足させられるはずだ。
引用元:映画.com

どんな作品でも、100人いて100人全員が手放しに絶賛されることってないですよね。

個人的には良かったですd(-_☆) グッ!!

ぜひ、こちらで探してみてください~!


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」|フル配信

TSUTAYAディスカスのオススメポイント3つ!

ここからは、映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」は少し置いといて…w

ざっくりざっくり説明して終わりますね!

1.ジャンル問わず豊富なラインナップ

洋画・邦画・ドラマ・アニメ等ありとあらゆるジャンルの作品が取り揃えられています。

特に古い作品や珍しい作品を簡単に見つけられるのはとても便利。

実店舗には無いような作品が多々存在します。

50年前の名映画やインド映画、フランス映画、ドキュメンタリー等…

古い映画や珍しい作品を観るのが好きな方にとっても嬉しいサービスだと思いますよ。

…私はミーハー寄りなのでマニアックな作品はあまり観ませんがw

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」

2.DVD郵送レンタルと動画配信の二本立て

  1. DVDが自宅に届けられて、それを観終わった後、ポストに返却する。
  2. ウェブ上から動画配信され、それをそのまま観る。

①のほうが一般的ですかね~。

あまりに古い作品は、動画配信ではなく郵送レンタルになると思います。

でも比較的、新しい作品は動画配信されることがあります!

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」|無料映像

そうすると、そのままウェブ上で観ることができます。

PCで見てもいいし、スマホやタブレットでもOK。

あなたに合ったスタイルが選べます!

郵送レンタルは注文後すぐに自宅に送られてきますし、動画配信は配信され次第すぐ観られますよ。

3.手続きがカンタン

会員登録は個人情報とクレジットカード情報を登録するだけ!

頭の悪い私でも、すぐに終わりましたw

案内も優しいので、あまりネットに詳しくなくても安心です。

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」|フル動画

そのへんはさすが大手!って感じですね~

とりあえず無料期間からどぞどぞ

さ、ということで…

あとは映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」なり、ほかに気になるやつなり…

どうぞあなたのお好きなように楽しんでください(゚д゚)(。_。)ウン!

もし試してみて、継続する気がなければ無料のうちに解約しちゃうこともできます。

あまり大きな声ではいえませんけどw

ま、なにはともあれザッとチェックしてみてくださいね~!


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」無料

ふぅ~!

では、”映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」は動画視聴できない?無料見放題とネタバレ”というテーマのページでした!

(‘-‘*)アリガト♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です